世界トップクラスの感染症対策?!ラクトフェリン

感染症とは?

感染症とはいったい何なのでしょうか?私たちの周りには多数の微生物が存在しており、人の体内に侵入し問題を起こすことを感染症といいます。これらの原因物質は目に見えないところにも存在しているため、完全に排除することはできません。

 

1・微生物の種類

細菌、ウイルス、カビなどがあります。風邪の原因となるものや、カビのように皮膚の表面に感染するものもあります。これらの物質を病原体と呼び、病気の治療の際に特定されています。病原体は口や喉を通して進入してきますが、免疫力がある人は症状が現われるほどひどくなく、知らないうちに感染源となることもあります。

 

2・インフルエンザ

インフルエンザウイルスのような感染症は私たちの生活のなかでも身近です。感染した人は必ずしも症状を出すわけでなく、免疫力が高い人は軽くインフルエンザにかかったことさえも知らない場合もあります。子どもや高齢者の場合は免疫力が低いため、感染症にかかりやすいといえます。

 

2・カンジダ

カビの一種として知られているのが、カンジダです。カンジダとは酵母カビの一種で、誰でも体に持っている可能性があります。免疫力が低下した際に増殖し、それが悪影響を及ぼし問題が出ます。妊婦や産後の女性などがかかりやすく、女性ホルモンバランスが変わることでカンジダが悪さをすることがあります。

感染経路について

感染症を引き起こす病原体はどこにでもありますから、その進入経路を経つ工夫が必要です。病原体が感染した人の、排泄物や体液などに含まれています。風邪をひいた人の側に近寄らない、病原体を持つ人を隔離することでも感染予防になります。

 

1・飛まつ感染

飛まつ感染は空気中に病原菌が存在しているため、それを吸い込むことで感染します。感染者がくしゃみや咳をすると、周囲に病原菌が飛び散るため、ほかの人にうつらないようマスク着用が重要です。飛まつ感染は1〜2m程度の距離でも感染しやすくなります。

 

2・隠れた感染源

感染者が触れた食品、トイレ、ドアノブなどから感染する場合もあります。調理をする人が包丁やまな板に触れ、そこから大人数に感染する場合も見られるため、感染が認められる人は調理の前に手をよく洗いましょう。

 

3・母子感染にも注意

母親が感染症にかかっていると、子どもにもうつる可能性があります。妊娠中は胎盤を通して胎児に、出産時の胎盤や産道などから感染する例などです。出産後は母乳を介して病原体が子どもにうつる場合も見られます。

 

4・嘔吐物からの感染

ノロウイルスやロタウイルスなど、感染性胃腸炎を引き起こす病原体は、嘔吐物からうつる可能性があります。これらは下痢や吐き気などを伴い、それらの物質に病原体が含まれます。その処理にかかった人、本人の手などにも病原体が付着しています。

免疫強化が一番

感染症の引き金となる病原体は排除できないため、本人の免疫力を高める努力が一番の対策となります。万が一感染症にかかっても、免疫力がしっかりしている人は症状が殆どでず、感染症が知らないうちに治癒することもあるからです。

 

1・適度な休息

睡眠時間を十分とり、疲れたら休みましょう。働きすぎも免疫力低下につながりやすいため、たまには休日にリフレッシュして気分転換も必要です。休日に適度な運動を心がけるのも、体力をつけ上手いストレス発散になります。

 

2・バランスのとれた食事

栄養バランスは免疫強化の基本です。ジャンクフードばかり食べていたり、偏った食生活だと風邪などの感染症にかかりやすくなります。しかし、腸内の菌バランスが乱れていると、食物の消化吸収が悪くなるため、乳酸菌や発酵食品も積極的にとりましょう。

 

3・規則正しい生活

朝きちんと目覚めて、夜は定時に寝る。わかっていてもなかなか実行できない方も多いはずです。仕事や育児などで忙しい方は、休日の朝は同じ時間に起きるようにしたり、夜は12時までに寝る習慣を付けるだけでも違います。できるだけ平日と休日の生活のバランスは、同じようにしてみましょう。

 

4・腸内環境を整える

腸内環境を整えるのも免疫強化になります。腸には免疫細胞の70%もが集まるため、腸を元気にすればさまざまな感染症にかかりにくくなります。

 

ラクトフェリンの口コミまとめサイト

ラクトフェリンとは?

ラクトフェリンとは哺乳類の母乳に含まれている成分です。初乳にはさらに倍以上のラクトフェリンが含まれ、母乳を通し赤ちゃんの感染予防や免疫力強化に役立っています。ラクトフェリンとは糖タンパクの一種で、鉄と結びつきやすい性質を持つためこのような名前が付けられています。「鉄を運ぶもの」がフェリンと呼びます。

 

1・安全性が高い

もともと母乳に含まれている成分ですから、ラクトフェリンの安全性は実証されています。商品に含まれるラクトフェリンは、牛乳由来のものが多く使われており、牛乳にアレルギーが無ければ飲める可能性があります。乳糖が分解できない方や、牛乳成分で湿疹などが出る方は服用を避けてください。

 

2・母乳に含まれる量

母乳には1リットル当たり2〜4g、初乳には5〜10gのラクトフェリンが含まれています。これは牛乳と比べても量が多く、大人は乳製品で摂取できないのが現状となっています。成人でも体内で微量がつくられており、涙や唾液などにも含まれています。

 

3・鉄イオンが結合できる

ラクトフェリンは体内で鉄イオンと結びつく性質があります。2個の鉄イオンと結びつくことができ、鉄分不足のときに吸収を促進させています。体の中で鉄分が足りていない場合に鉄分が減少する性質はないため、鉄欠乏性貧血の人でも服用することができます。

 

ラクトフェリンサプリと言えばライオン

参照リンク

ラクトフェリンの口コミおまとめ・・・ラクトフェリンサプリはどのサプリを飲めばより効果を実感できるのか?
ライオンのラクトフェリンVS森永のラクトフェリン 口コミ徹底比較・・・ラクトフェリンサプリ人気商品を比較