歯周病の感染予防に

歯周病の感染予防に

ラクトフェリンは経口摂取したり、歯磨き剤に含まれるものを使用し、歯周病菌が減少したという報告例もあります。歯周病は今や子どもでもかかる人がいますから、治療がなかなか進まない方は利用してみてはどうでしょうか?

 

1・大人の多くが感染する
歯周病菌は人から人へとうつる菌です。唾液の中にこの菌が存在しているため、回し食べや回しのみでもうつる可能性があります。大人のほとんどは1度は感染しているといわれますが、人によってはまったく影響が出ない人がいます。その違いは口腔内の菌バランスだともいわれています。

 

2・善玉菌を増やそう
口の中も腸内のように歯周病菌のように悪さをする菌や、善玉菌のように良い働きをする菌、日和見菌も存在しています。これらのバランスが崩れると、歯周病菌が増殖する環境ができあがってしまいます。ラクトフェリンは歯周病菌の影響を減らしたり、菌が増殖する環境を奪い改善していきます。

 

3・歯を失うのは歯周病
実は虫歯ではなく、歯周病こそが歯を失う原因なのです。さらに歯周病菌は自然となくなることはないため、きちんと治療しなければ静かに進行します。気がついたときには歯がぐらついていたり、既に抜け落ちそうになっている場合も少なくありません。

歯周病の感染予防に

ラクトフェリンは経口摂取したり、歯磨き剤に含まれるものを使用し、歯周病菌が減少したという報告例もあります。歯周病は今や子どもでもかかる人がいますから、治療がなかなか進まない方は利用してみてはどうでしょうか?

 

1・大人の多くが感染する
歯周病菌は人から人へとうつる菌です。唾液の中にこの菌が存在しているため、回し食べや回しのみでもうつる可能性があります。大人のほとんどは1度は感染しているといわれますが、人によってはまったく影響が出ない人がいます。その違いは口腔内の菌バランスだともいわれています。

 

2・善玉菌を増やそう
口の中も腸内のように歯周病菌のように悪さをする菌や、善玉菌のように良い働きをする菌、日和見菌も存在しています。これらのバランスが崩れると、歯周病菌が増殖する環境ができあがってしまいます。ラクトフェリンは歯周病菌の影響を減らしたり、菌が増殖する環境を奪い改善していきます。

 

3・歯を失うのは歯周病
実は虫歯ではなく、歯周病こそが歯を失う原因なのです。さらに歯周病菌は自然となくなることはないため、きちんと治療しなければ静かに進行します。気がついたときには歯がぐらついていたり、既に抜け落ちそうになっている場合も少なくありません。